spoon!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米津玄師が紅白に出たので元旦にブログなんぞ書いてみようか。

あけましておめでとうございます。
カウントダウン・・・あ、ジャニーズのね 見ましたか?
私、意外とジャニーズ好きでね ええ。
タキツバとKinkiはアルバムを買うくらいには好きだったんですよ。
なのでタキツバ・・・最後のカウコン・・・ちょっと涙目になりましたよね。
え?米津玄師はどこいったって?
今から書きますよ、ガチ勢じゃないけど ニコ動から知ってる身としては彼の今のこの活躍は喜ばしい事です。彼がハチ時代に今のこの状況を望んでいたかどうかはわからんけども。

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き) 

一番有名になのはドラマ「アンナチュラル」の主題歌になっていた Lemon じゃないかと思うんですけど私この歌詞を見た時にすごくビックリしたんですよね。

  どこかであなたが今 わたしと同じような
  涙にくれ 淋しさの中にいるなら
  わたしのことなどどうか 忘れてください
  そんなことを心から願うほどに
  今でもあなたはわたしの光

という歌詞があるんですけど もう9年前に他界した私の友人が残した言葉に似ていたんです。
友人のブログには

人は生まれていつかは死ぬのに、いつかが分かってしまった途端に死が怖くなるのは何故だろう。
ガクガクと内臓が震えて 喉に芋でもつかえたような息苦しさに嫌気がさすけれど これもまた僕はその日まで覚えておかなければいけないと 目を閉じるのです。
僕は僕の中にある温度を忘れないように 何度も確認するけれど 他には早く僕の温度など忘れてしまえと願います。
まるで居なかったかのように魔法をかけてしまえたら その方が僕には気が楽です(2010.04.22 Thu)
とあるのです。
米津さんの歌詞の「わたしのことなど忘れてください」と友人の「他には早く僕の温度など忘れてしまえと願います」。
これは両方受け手が聞いたときに絶望のような悲しさを感じてしまうけれど実は発信する側は相手を思ってのことなんですよね。
いつまでも自分を思ってくれていてはいつまでも悲しみが癒えないでしょう、だから早く忘れてねという 切り捨てるタイプの優しさ。
上にも書いたように 私の友人はすでにこの世にはいません(ブログの内容をコピペすることは今そのブログを管理している当時の恋人に許可を得ました)
9年前にこんな風に考えた人がいて、そして今のこの時代にその部分だけ少し似ている考えの人がすごく好きな感じの音楽をやってる事に奇跡を感じたのです。

言葉は難しいけれど こうして何年も経って私のようにあれ?と思う、感じる瞬間があると思うと今じゃ廃れた感のあるブログに己の言葉を残しておくのも悪くないと思ったのです。


スポンサーサイト

クリスマスツリーの日

なんでもかんでも記念日ってのがあるもんなんですね。
12月7日はクリスマスツリーの日、なんですってよ。
我が家は先週の日曜日に私1人でせっせと組み立てて飾りつけをしました。
昨年買いなおしたそれは180cmの高さで飾りは黒、シルバー、透明を中心にしたシックなもの。
キミコなんかはそれを見て暗いだの、おかしいだの クリスマスってのは赤と緑だろうだのうるせーことを言うんですけど あの人にはそういうセンス皆無なので気にしません。

結婚して子供が生まれてからは毎年ツリーを飾っています。
それこそ子どもたちが小さい頃は喜んで飾りつけを手伝ってくれたものですがここ数年は私1人で黙々と 笑
こう見えて割と季節の行事をさわりだけでもやっとこか、というタイプです。
なのでツリーも出しますし、ハロウィンにはカボチャを食べます。
暮れにはおせち(の食べたいものだけ)を作るし、年賀状も遅いけど書くし、豆まきしてから恵方巻き食べます。
なんで 私がそういうことにこだわるかというと幼いころほとんどそういった行事をすることがなかったからです。
まず、母親がその手のイベントに何かをすることが苦手だったんじゃないかと今は思います。
そして、父は父で子どもを喜ばそうというサービス精神はどこかに置いてきたような人でした。
代表的な事をいえばクリスマスプレゼント。
3歳くらいだったかな、朝起きたら枕元にカニの絵が入ったママゴトセットが置いてありました。
それが欲しかったのかどうかは覚えてないけど、プレゼントそのものよりも煙突のない我が家にサンタさんが来てくれたことが嬉しかった。
サンタさんが来たー!と満面の笑みで報告すると父は私に言ったのです。
「それは俺が3件も店周ってやっと見つけて買ってきたんだ」
上にも書きましたが3歳ですよ?あたし。
その日に確信したのです。ああ、サンタなどいない。
うすうす感じていたけれど煙突の有無で心配などする必要はやはりなかったのだ、サンタはいないのだから。

まあ、それでも親を恨むようなことはなかったかな。
そもそも私、クリスマスプレゼントをもらった記憶がない(カニ以来)
いや、貰っていたんだろうけど自分が欲しいものをもらってないから覚えてないんだと思う。
両親とも娯楽に金をかけるタイプでもなかったし、娘にこっそりプレゼントを・・・なんてサプライズを仕込むようなタイプでもなかったので小6くらいの時にはもうもらってなかったような気がする。
だから子どもが望んだかどうかは別としてクリスマスに「普通の親がするようなクリスマス」をしたいと思っていた。
ツリーを飾って、こっそり欲しいものをリサーチして、昔はAmazonなんてなかったからトイザラスに行って買ってどこに隠そうか考えたり。夜ごはんにはチキンを食べてケーキを食べてシャンメリーを飲んで。そんな普通のクリスマスを過ごしたかった。自分がしたことがなかったから。
まあ、やってみて喜んだのは幼稚園くらいまででしたけどね。

うちが特別貧乏だったわけでもなく(多分)、ネグレクト気味だったわけでもないと思う。
昭和ってそんな時代だったのよ、きっと・・・。

ちょっと真面目に話そうか

まず前提として私は右派。そこを踏まえて 今回のBTSの件について私が思う事を。
まずMステを放映してるテレ朝が「Tシャツ」の件を鑑みて今回の出演を見送ったこと。
これには本当にビックリしたな~。
左で有名なあのテレ朝がね~・・・と思っていたんだけど今日のネットニュースで「フジの二の舞を踏みたくないから早めの措置をとった」とのこと。
なるほどね~、不買運動までしてたもんね~
うん、これは怖いわ、局としては。

デザイナーは反日の意図はなかったと言うけれど あのキノコ雲の下でどれだけの人たちが苦しんでいたのか。唯一の被爆国として私は今回の措置は正解だと思う。
反日もいい。目の敵にするのも構わない。旭日旗を燃やしたって慰安婦像を建てたきゃ建てろ。
でも、あの被爆写真はダメだ。人としての道を外しているよ。

あのTシャツを着ていた本人はそれほど大きな意味も意識もなく着たのだろうけどメッセージ性の高いものという認識くらいあったはずだ。

bts2.jpg 

ツイッターにも書いたけどあまりに浅はかだ。
彼らは商売をしに日本に来ることが決まっているのになぜこんなつまらないことでチャンスを棒に振るのか。

多くの日本人が反韓なのはそこなんだと思う。
彼ら個を嫌っているわけでもない。
ただ日本の事をボロカス言っといて日本に売り込みに来るその根性が気に入らないんだと思う。
私はそうだ。
正直に言うとそんな人たちに振り回される日本のファンの気持ちがわからない(親友よ、すまぬ)
まあ、私の場合そもそもが王子様キャラというかキメ顔するタイプのタレントが日本人だろうと外国人だろうと好きじゃないのでグループとしてのビジュアルにも興味がないのが一番なんだけれども 本当に日本が好きで日本のファンのことを考えてる人があのTシャツを着るだろうか。公然で。
まーじーでー、なんにも考えずに着ていたのだとしたら ばかなのしぬの?レベルだと思う。
自分がどれだけ注目される位置にいるかわからないのは ああいう商売をしてて致命的だと思うなぁ。そこが浅はか。そしてそれを擁護するのも浅はか。
Mステで見られない、年末の各番組で見られない、という事を嘆くよりも彼らの本質を見て応援した方がいいんじゃないだろうか。

同じ女性としてあんまり悪く言いたくはないのだが 事実を母性(のようなもの)で包んで擁護してる姿を見るのはなんというか本当にフツフツとするものがある。
少しずれるけど先日マリノスの試合を観に行った時に同じような感情をもった。
試合には負けた。ルヴァンの後の試合、選手たちはあの悔しさをどうはねのけて試合に臨むのだろうと思っていたら同じような負け方をした。
もう選手たちも何が悪いのかわからん状態なのかもしれない。
・・・いや、サッカーなんだからパス回せや!!そんでゴール前でごちゃついてないでシュート打てや!!って思ったけど。
試合が終わってホームなので選手たちがサポの方にも来るんだけど ひときわ目立つ
「たかく~ん♡」の声。
扇原のファンなんだけど この人らはチームについてるんじゃなくて扇原についてるのでもしかしたらチームが負けようが勝とうがどうでもいいのかもしれないけど チーム負けとんのに なにが「たかく~ん♡」じゃ!!とはらわたが煮えくり返る。
それと同じような なんというかもどかしい気持ちがある。

けれども。さりとて。だ。
誰かが何を好きになり応援したりするのは自由だし、その方法も自由なのだから 私がここでグズグズ言ったとして何の問題にもならない。それはわかってる。
ただね、今回の件はアジアの問題になってしまったよね、たった1枚のTシャツが。
んでもって、着た本人がどう考えてるのか公式発表がないのがね、とどのつまり本心なんじゃないですかって思うのよね、あたしは。







月曜日はイライラをどう納めるかから始まる

仕事先の話ですけどね、ええ。
うちの社長がですね ビックリするくらい まーじーでー「ぼくちゃんちゃい?(僕3歳?)」って聞きたくなるくらい片付けができない人なんですね。
片付けができない、整理が出来ない、物を元に戻せない、落ちてるゴミも拾わない、そもそも自分で出したゴミを捨てられない もうないない尽くし。
これ うちの家族だったら半殺しですよ。do you know hangorosi? きっちり半分コロスってことですよ?ん?

月曜日に出勤すると まず片付けから始まるんですね。
前日の、社長の片付けから始まるってどうなのよ・・・もうこういうのが9年。
本気でイッラーとしながら いや、でも赴くままにイライラしてたら精神衛生が持たんぞ、尚!
頑張れ尚!負けるな尚!フレーフレーなーおー!!ちうてね、ひとしきり応援した後は無の境地ですよ。
尚、おまえは修行僧だ・・・こんな事でイラついていたのでは天竺への道は遠いぞ!!
うん、あたし 何してんだ?週の始まりに。

ここで本当えらいと思うのは社長の嫁さんね。
この嫁さん、社長とは高校からの同級生で現在保育園の園長先生。
仕事も激務なのに家で亭主の世話までせにゃならん・・・いい人なのになんと不憫。
そういえば「あー!!一人暮らししたい!!!」ってよく言ってたなー。
あたしなら耐えられない。
日曜に朝寝してたらダイソンで尻を吸引されたって掃除してくれる旦那の方がいいぞ、うん。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。