母の日はアピールが大事<挨拶

Screenshot_2016-05-13-12-09-04.png

なんやかんやで4~5日経ってしまいましたが先週日曜は母の日でしたね。
数日前からの猛烈アピールにより(!)旦那さんからはロールケーキ、息子らからはカーネーションを貰いました。
貰いました、っつーかもうこれ 恐喝に近い!ほらよ!って感じでしたけど<気にしない

母の日って子供のころからちゃんとしてました?
あたし、ほとんどしたことなかったな~。
なのに、なんで己の子には強制するんだと言われれば すまんとしか言いようがないんですけど あの人たちが結婚した時に 嫁や嫁の母親になんでもいいから感謝の気持ちをその日に忘れずにしてほしいからなんだよね。
嫁さんに 「うちのおかんは数日前から恐喝まがいのアピールをして強盗のような勢いで強奪していった」って笑い話にしながらでいいから 「母の日」 を思い出してほしいのよ。
別にあたしは感謝してくれなくていいけど 嫁と嫁の母にはね、そういうのちゃんとしてほしい。
で、もっと小さなころから母の日に限らず、父の日やら敬老の日やらちゃんとやっとけばよかったんだけど いかんせん、自分がしたことなかったもんだから 教えられなかったんだよね~。
わざわざ、教えるもんでもないのかもしれないけど(幼稚園とか学校で絵書いたりなんか作ったりするし)自分の親がその親にそういうプレゼントしたり、されたりする姿を見てないからそういう習慣に身につかなかったのよ。
あ、なんか親のせいにしてるっぽいけど まあ、半分親のせい(苦笑)
でも、ある程度大きくなってからしなかったのは完全自分のせい。


「誰これ」

幼稚園か、小学校低学年か 当時はまだ母の日に絵を描きましょうみたいのがあって 持ち帰った絵を見て母が言った一言。
近日に母の日があるのだから どう考えたって母の顔だろうと思うはずなのに 出たのはありがとうでも上手だねでもなく 「誰これ」
そう言われて煎餅やらフルーツののったカゴの上にバサっと置かれたその絵を あたしはすぐに捨てた。
グシャグシャにして捨てた。
下手な絵で申し訳ないと思ったし、下手だから喜んでもくれないのだと思った。
時間が経ってもゴミ箱の中から絵が拾われることもなかった。
ひどい母親に感じるかもしれないが 当時の母は仕事で忙しくあたしのことなど構う余裕などなかったのかもしれない。
それに、ひどいというよりは 母もきっとそういう風にしか親と接してこなかったんじゃないかと母の子供のころの話を聞くと想像できる。
まあ、それでも あたしはまだ可愛い子供時代なので ちょっと傷ついて、そしてトラウマになり 人へのプレゼントを選ぶのにすごく時間がかかってしまうし、せっかくその人を思って用意しても もしかしたらこんな物いらないかもしれないと思ってあげられなかったりする。そんな物たちがクローゼットの中で静かに佇んでいる。

よそのママンよりも道化てチョーダイアピールして 投げてよこすような息子らに大袈裟に感謝する。
必要以上に大騒ぎしないと あのゴミ箱の中でグシャグシャになった絵を思い出してしまうからだ。
 尚
Posted by 尚

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply